高知県南国市・安芸市・土佐市・大豊町において、福祉・介護事業所を運営しています。
社会福祉法人 土佐厚生会
  • 小
  • 中
  • 大

土佐厚生会は、働く職員の成長と
  働きやすさを大切にしています。

働く環境と制度

土佐厚生会では、法人内にスタッフによる研修委員会を設置しています。
個々のスキルレベルに合わせて、さまざまな研修を実施しています。

職員研修

新規採用職員研修会

 
採用後、約4週間の研修を行います。土佐厚生会の法人理念や社会人としてのマナー、また介護事業に携わるにあたり必要な知識や技術を、座学と実践を交えて学びます。土佐厚生会のスタッフとしての自覚と品格を持つとともに、同期のスタッフとの連帯感を深めてもらうことも目的のひとつです。

フォローアップ研修

 
採用して約7ヶ月目に行う研修です。配属先での6ヵ月間の業務を基に課題やその解決方法について学びます。同期スタッフとの交流により、互いに刺激し合う場でもあります。

階層別研修

 
役職や職務レベルに分けた階層別研修として、さまざまな研修を実施しています。法人理念を共有し、普段あまり顔を合わせることの少ないスタッフ同士の連携・情報共有・切磋琢磨の場になっています。

介護技術研修

日々の介護場面での基本的な知識・技術の向上から、より専門性の高い介護専門職としてのスキルアップまで、土佐厚生会全体の介護サービスの向上を目的に実施しています。

東京視察研修

一流企業の見学を通じ、企業の秩序や管理システムを学び、リスクマネジメントの実行プロセスに役立てること、また、業務改善や効率化の取り組みを学び、利用者サービスの質の向上につなげることを目的としています。また、法人内のさまざまな部署からスタッフが参加することで、普段、顔を合わせる機会の少ないスタッフ同士の親睦を深める機会になっています。
TOP